スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

サバサ襲来②

サバサ襲来②


やべぇサバサ隊長が遊びにくるぞっ
皆の者勝片づけを手伝え!!

すっぽん「上司の訪問とは珍しいな」
ヴォニ「食べこぼしたドラフードとかほったらかすよな」

視線こっちに投げてるけど私じゃないからね
大体フィリががっついて食ってるんだからねッ

フィリ「てへ」

かわいいから許す

ピンポーン

あ、すっぽんでてくれ!
すっぽん「やれやれ人使い・・いやドラ使いの荒いマスターだ」



0_20150519111436.pngサバサ「やあ!すっぽん君久しぶりだね」

1_20150519111436.jpgジャスティン「どうも。」

すっぽん「あぁどうも。おーいマスター客人がきたぞ!」

おー通しといてくれ(バタバタ)

すっぽん「騒がしいところだがどうぞ」
サバサ「うむ、元気があってよろしい。では邪魔するぞ」
ジャスティン「お邪魔しま~す」

どうもぉご無沙汰してますサバサ隊長
あれそこの横にいるサラマンダーさんは?

サバサ「あぁcurotoはこいつと会うのは初めてなのか。紹介しよう、こいつは私の相棒ジャスティンだ!」
ジャスティン「よろしくお願いします!」

あら礼儀正しい子ね。よろしくね

サバサ「ところでcuroto久しぶりだな。元気にハッスルしているかな?!」

はぁお陰様で。サバサ隊長こそどうです?
そこのジェスティンさんと元気にハッスルしてますk(ドゴッ

ヴォニ「勘違いするような言い方はすんじゃねぇ(ゴゴゴ」

サバサ「はっはっは相変わらず元気だな」
ジャスティン「いいことじゃないですか」

フィリス「マスター僕とハッスルする?(肩に顎のせ」

はぁはぁ
フィ・・フィリスあとでラブベットに一緒に(バゴッ

ヴォニ「だからそういうネタやめろ!

むぅヴォニってば冗談なのにぃねー
フィリス「ねー」

ヴォニ「(腹立つ)」

サバサ
「ゴッホン元気そうでなにより、では本題に入ろうか
 私が訪問したのはほかでもない。
 我々スカイハンマーにとって唯一無二の存在である相棒のドラゴンだ。
 諸君はきちんと相棒のレベルアップもおこなっているかな?

 今回、諸君の相棒をレベルアップするため私直伝の炎の特訓メニューを
 用意したぞ。この特訓メニューをこなせば、諸君の相棒もレベルアップ!
 冒険におけるさらなる戦力になること間違いなし!」


すっぽん「・・・(レベルがすでに上がりきってるとは言えないな)」

サバサ
 「では、炎の特訓メニューの紹介だ。

  【サバサ直伝~炎の特訓メニュー~】

 『特訓その1』
 相棒を育てるには卵から!孵化するまでにたくさんケアして愛情をあげるべし!
 『特訓その2』
 戦闘にはドラゴンスキルが必須!スキルアップをしてさらなる戦力にすべし!
 『特訓その3』
 さらなる進化をめざせ!エボリューションで最強ドラゴンにすべし!

 相棒のレベルアップのため、ぜひチャレンジしてほしい!」


イェッサー!(めんどくせぇな)

サバサ
「もちろんタダでとは言わない。
 もし期間中に達成したらその褒美をやろう

 『特訓その1』「フレッシュピュアグリス」×1個
 『特訓その2』「400エーロンピース袋」×1個
 『特訓その3』「100シェル」×4個だ。         」


ヴォニ「(新しいドラとかもういらねぇ)」

おっしゃー頑張ります!

ヴォニ「(クソッこのイベには参加するのか)」
(なんでやる気出したかって?ヴォニがなんか悔しそうな顔してたからb)

すっぽん「(あーマスターの性格の悪さが見える)」

サバサ「では私は次の訪問先へ行くよ」
ジャスティン「おじゃましました(ぺこ」

スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。